忍者ブログ
軍事・ヤンデレ・ギャルゲ・音楽・小説などを勝手に
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


追悼を表して中里さんが原作の漫画を数冊買ったので、しばらくはこの感想とかを書きます。

軽巡洋艦「三瀬」は米軍から「稲妻アサヒ」と呼ばれ潜水艦ハンターとして恐れられていた。
「三瀬」の守護神、艦魂と艦長浅羽少佐の太平洋戦争をめぐる物語。

分かる人にわかる言い方をするなら、中里さんの過去作である「戦艦越後の生涯」を今風にアレンジしたもの。
ただ、オカルト的なものではなく、艦に女性の魂を乗り移させて……という、どちらかというと空想科学的な話です。
一時期Web架空戦記で流行した艦魂ものですが、さすが始祖ですね。
面白いです。
ただ、今回は歴史を変えるタイプの架空戦記ではなくどちらかというと「歴史の裏であんなことが」タイプです。
空想科学的といいましたが、オカルト的要素も混ざってますね。
死んだ人の幻とか、霊とか……
破天荒な架空戦記が好きな人にはオススメです。
こういうのにリアリティがどうこうとかいうのは野暮ってなもんですね。
ただ、個人的に残念なのはスペックとかがあんまり表記されていないこと。
私自身スペック厨なのでまともに表記されてるのが表紙裏で三瀬だけが、ってのは残念。
ちゃんと「バルチモア級」と表記されていた「ゴッサム」はともかく、他の架空艦……「愛鷹」とか「翔鷹」とか「メトロポリス」とかのデータが是非欲しかった。
個人的に良かったのは、天山攻撃機に活躍の場があったことですかね。
流星や彗星に比べて扱われることが極端に少ない名機ですから。

PR
触れておくべきでしょうね。

空自:国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地

防衛省が開発を進めている航空自衛隊の国産次期輸送機(CX)の試作機「XC2」が
26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初の試験飛行を実施した。
当初 は07年9月に予定されていたが、部品の強度不足などトラブルが相次いで見つかり、
開発計画が大幅に遅れていた。安全性が確認されれば、年度内に納入され る予定。

(2010年1月26日11時00分 毎日新聞)

良かった、良かった。
これで肩の荷が一つ下りた感じです。
あとはP-XとF-Xですね。
……F-Xに関しては、F-35で本決まりらしいという話もあります。
この機体、以前も触れたけど色々良くない話を聞く機体なんで若干、いや結構不安があります。

なんにせよ、C-Xが無事飛んでよかったですよ。

昨日の続き。

・置くだけ。(河豚毒
ギャグ+最後ちょっとほのぼののベタで王道なスカーレット姉妹漫画。
思ったんだが、東方の吸血鬼の「流水に弱い」はどのレベルなんだろう?
たしか、元の伝承だと「超えられない」であって別に弱くはないんだけど。

・春は必ず(四ツ星レストランおかん
いつもどおり八雲一家漫画。でも、紫がメインなので珍しいといえば珍しいか。
それにしても、今回初めて気が付いたんですがいまいさん紫だけ描き方違うんですね。
目が細いというかなんというか。

・すたじお寿司くいてえ(すたじお寿司くいねぇ
早苗、にとり、メルランという今まで見たことない組み合わせ。意外といいもんだ。
ある意味設定にない部分をついた上手い同人誌。そっか、海がないということは塩の供給先が……
実際どうやって調達してるんだ? 幻想郷。

・手編菜妻・手編菜妻2(Team Inazuma
正直言うと、アヘ顔合同で興味を持って買いました。
エロスはなし。シュール&ほのぼの。
すげえ好き。
予想から外れたけどこれはこれであたりでした。

・なかない君と贖いの幻想(Lizing
一番のメイン。他の同人誌はついでみたいなもん。
正直、うみねこのなく頃にをやる理由の半分ぐらいはこれのためです。言い過ぎではなく。
でもEp5はまだやってないから、聞けない、見れない……
ちくしょう! はやくやらねば。


しかし、東方ばっか。
偏ってるなぁ。自分。


年始に頼んだのがようやく届いたので。
一言二言感想を

・姑とカーチャンはバター犬(姑犬制作委員会
(基本的に)カオス・シュール系同人誌。
唯一空木あんぐさんのみがほのぼの系で妙に浮いてる。
でも、あんぐさんはあんぐさん自身がネタになっていたりとか……

・東方お題ギャグバトル「地獄」(チームies
お題を出されて1ページギャグマンガを描く形式。
お題形式のせいかなー。正直今ひとつ。
お題そのものがカオスなんで……まあ、一発ネタですね。

・なかよし同人 東方こぜりあい(VOK41
これも前ふたつも火鳥さん目当てで買いました。
魔理沙がめっさ不憫。
てか、本編の内容よりもサークル内小競り合い発生率がw
いちごみるくさん、ドンだけトラブルメーカーやねんw

・永鈴戯2・4(RUMP
1と3は残念ながら売り切れていた……
うどんげメインの永鈴漫画。
私自身はうどてゐ派だけど、うどんげマジかわゆす。
アレですよね。本編にしろ、事の発端はうどんげだったし……○○組といわれる中では永遠亭組が一番家族愛とかそういうのは強そう。

・傘娘陵辱合同 Cuffs(MESO:NOVA
super:novaの雪町灯之助さんがしばらく東方から離れるらしいので。今までお疲れ様でした。
本当は「ウツセミ」のほうも欲しかったけど手に入らなかった。残念。
エロさは相変わらずいつもどおり。ゆかりんと小傘のアヘ顔が素晴らしい。

・ErAseRmoToR maXimUM(IncluDe
いつもどおり妹紅の陵辱エロ。でも今回は永遠亭組の出番がないので珍しいといえば珍しいかも。
そして、わずか合計三コマながらリグルとミスティアの初のエロシーン。
これで永夜組は全員制覇か。いや、まだ主人公組が……
催眠異変5にも期待してます。

・姫落し(ちはぐら
ちはぐら初の18禁同人誌。
でも今回も姫様。妹紅は出てこないけどね。
お布施のつもりで買ったけど、ちゃんとエロかったので得した気分。
これもeratohoが元らしいけど流行ってるんですかねー。
私はやってみたけど今ひとつ合いませんでした。

・甘さ控えめ(ちはぐら
本当に甘さ控えめ。
まぁ、いつもが甘すぎる感じなんですがねw
今回はてええええええええええゐ! 無し。少し寂しいかも。

・チョボっ東方(チョボっとLOVE
いつもどおり。本当にいつもどおり。
なんで、筋道通ってると返って不安になるんだろう?
ナズーリンとルーミアが特にひでえw
あああああ、しまった、今気が付いた。チョボにょぽワークス買い忘れたああ!!!

・幻想LIARGAME(ぽんじゆうす?
ライアーゲームはちろっとしか見てないんですがね。
チルノと魔理沙は相性いいと思うのに、pixivとかでもその辺を書いてる人は臆病ゆうきさんぐらいしかいなかったので。
さすがはシノさん。でもこんな厚いのにまだ序章なんですね……
どんだけかけるつもりなんだろう。
当ブログはマイナーカップリングを応援します。

1/30
ていうか、今気づいたんだけどあれじゃない?
幻想郷で一番立場が上なのって映姫じゃない?
地霊殿→立場が下の取引相手、白玉楼→下請け会社。
もちろん、無関係のもたくさんあるけど数あるラスボス勢の中で二つも握っているというのは……


量が多いので続きます。

全然言い足りねぇ。
もちろん、前回の続きです。

言いたいことはアレです。評価する人間の態度というかなんというか。

一つは、まずお前らもっと客観性を持てと。
たしかに、その作品は面白いのかもしれない。だが、客観的に見て巧いかどうかとは別だろう。
うまい作品が面白いとは限らないという意見には私は同意しますが、巧い作品というのは面白く読ませるための技術を持っている作品だと思います。
「それは本当に糞ゲーなの?」「単にあなたにとって面白くないだけじゃないの?」といいたくなるようなレビューもしばしばあります。

もう一つは逆に、お前らもっと主観で判断しろよと。
一つ目と真逆のことを言ってるようですが、矛盾はしません。
もっと自分が好きな作品をやっていいんじゃないのか? というか。
有名作だから、売れたから、話題になってるから。
そういう理由でゲームをやることは否定しないけど、たまには自分の好みで自分がやりたいゲームをやってもいいんじゃないの? と。
もちろん、そのやりたいゲームが有名作だったりであることは否定しませんが、どうもね……

郷里大輔さん、田の中勇さんのご冥福をお祈りします。
今回のことは本気でショックです……お二人の特徴的な声を聞くことはもう出来ないんですね。

pixiv等でも追悼絵が多くあがっていました。まだやってないけどペルソナ4やるべきかなぁ。
田の中さんはドラマCD版パロディウスに出てらっしゃいました。

郷里さんは中年・壮年男性役が多いですが、自分の中では野太い声のオカマ役の人でしたね。
青ひげがすごいオカマ。

しかし、誰がやるのかなぁ。現行の代わり。
郷里さんだと八奈見さんあたりかなぁ、とは思いますが、田の中さんは……
少し鬼太郎の今後が不安です。

エロゲーの未来について真剣に考える

この馬鹿はどこのセカイのエロゲの未来を案じているんだ?

足踏みするエロゲ批評界


読んでて思ったことをつらつらと。
つっても、さんざんガイシュツなことを言うだけな気もしますけどー。

他のジャンルでも「●●の未来は~」とかいうひとも居ますけど。
それ、ただ単に飽きてるだけじゃね?
趣味なんて飽きたときが辞め時だと思いますが。
(と、思ったらこの人プロなのね。けど、プロなら評価されがたいものほど評価するべきだと思うけど。以下後述)
私も去年発売のエロゲーは「しろくまベルスターズ」と「牢獄のミスリート」「魔王と聖女」ぐらいしか買ってないけど単に時間がないだけだしなぁ。
本数自体はもっとやったし。
売り上げとか数字で示されればまだ納得がいくにしろ「面白さ」なんて個人の主観による部分が非常に大きいところで未来を語られてもねって気がする。
それはそれとして、売り上げも落ちてはいるんですが。

ただ、「「批評的に語るに値するエロゲ」の未来の話だな。その他多くのエロゲは無価値なものとしてスルーされる」というブコメにはものすごく違和感を覚える。
私の考えとしてはむしろ、「
どっちの論もコンシューマー的だなぁw エロゲー業界ってのはもっと泥臭く、イカ臭いモンなんだぜ?w」に近い。
「語るに値する」ではなく、「語りやすい」エロゲではないのか?
お前ら、「エロ」ゲーだからな、とは思わんでもない。
だいたい、文章を書く上で一番書き続けるのが難しいのなんて「ギャグ」と「エロ」なんだ。
同じ表現を使えばマンネリになるし、涙腺よりも刺激するのが難しい下半身に訴えかけなければいけない。
多種多様な性癖を考慮してどうやって抜かせるかを考えなければならない。
考えてみればこれをきちんとやってる抜きゲーってのは少ないように思える。

もっとも、抜きゲーに限った話でもないんですが。
知ってのとおり私はPULLTOP、キャラメルBOXが大好きですが、この二つはこの手の文壇で上げられることはほぼない。
「いや、キャラメルはおとボクが、PULLTOPはかにしのがあるじゃん」という意見もあるかもしれないけど、逆に言えばそれしか語られない。
そも、おとボクにしろかにしろにしろ私は正当に評価されてるとはいいがたいと思う。
おとボクで注目されるのは女装主人公という点においてがほとんどだし(確かにこれは重要なファクターではあるにしろ全てではない)、かにしのに至っては評価のほとんどが本校ルート、つまり健速。
誤解を恐れずに言えば本校ルートはPULLTOPではない。
むしろ、分校ルート、特に美綺ルートなんかが最もPULLTOP的。
もちろん、分校ルートを評価する人がいないでもないけど、本校ルートありきで紹介している人も多い。いや、分校ルートが邪魔だと大声で言う人までいる。
つまり、かにしのはPULLTOPが評価されているのではなく、健速が評価されている。

評価されるエロゲーってのは世界系にしろ何にしろほとんどが泣きゲーとか欝ゲーとか燃えゲーと呼ばれるものだと思う。
いや、私だって泣きゲーは好きだし泣きゲーそのものを批判する気はない。
問題は泣きでも欝でも燃えでもないシナリオゲーが評価されにくいということだ。
以前、私が言った言葉で表現するならToHeart系」というのが非常に評価されにくい。
なぜかを考えると実に簡単なことで感情を大きく揺さぶらないから。
泣きにしろ欝にしろ燃えにしろ、方向性は違えども感情を大きく揺さぶる。
そうすることによって、「どうして自分は感情を揺さぶられたのか」という疑問が発生しそれを読み解こうと考察や評価がはじまる。
一方のToHeart系ではその多くが雰囲気ゲーと呼ばれるもの。
つまり「なんか知らんが、説明しづらいけど好き」っていうもの。
これに関する評価っていうのはとてもやりづらいものがある。
もちろんだが、評価しやすい・しにくいはその作品の良し悪しとは全く関係ない
にもかかわらず評価されない=評価する価値がないという論の展開はひどく暴論に思える。

声を大にしていうが、お前ら雰囲気ゲーはシナリオゲーじゃないとでも言うつもりか。
そんな感じな不満があります。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/06 あなば]
[03/11 ジョン]
[02/17 ジョン]
[02/05 名無し閣下]
[11/30 名無し]
プロフィール
HN:
三毛招き:( =゚ー゚=)
性別:
非公開
職業:
しがない学生
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
しがない大学生。
好きな作品は甘でラブでイチャなやつと、ヤンデレ、S・F(少し不思議)と、異形と、大艦巨砲主義なやつ。
好きな作家さんは藤子・F・不二雄、前田珠子、新井素子、吉岡平、横山信義、林譲二、橋本純あたり。
好きな音楽は海援隊などのフォーク、中島みゆきなどのニューミュージック。あとはLiaさんや新良エツ子さん、じまんぐさん、Sound Horizon(一期、二期両方)、Suaraなど。
歌じゃないのなら地中海風というかラテン風、イタリア風とテクノっぽいのやカントリー音楽。ピアノ音楽も好き。

意見、感想、訂正、批判、罵倒などコメントお待ちしております。
あ、それから一応リンクフリーです。
Twitterはじめました。
http://twitter.com/mikemaneki
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最近読んだ本
三毛招きの最近読んだ本
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー 『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』応援中! 風峰涼香 『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』2010年6月25日発売予定! 止マナイ雨ニ病ミナガラ くろまくみこ普及委員会