忍者ブログ
軍事・ヤンデレ・ギャルゲ・音楽・小説などを勝手に
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

konata.jpg「今回は予定を変更して、1930年に締結されたロンドン海軍軍縮条約についてやるよ」
「空母じゃなかったの?」
konata.jpg「いやー、意外といい資料が見つからなくてね……もうちょい調べてみるってさ」
「管理人より私信。アヒルさん、すいませんとのこと」
miyuki.jpg「それにもう一つ理由があるんですよ」
「何?」
miyuki.jpg「1930年代の軍艦はワシントン・ロンドン両海軍条約の影響を少なからず受けているんです。その中でも特に影響を受けたのが航空母艦と巡洋艦だったので、条約を学んでからのほうが説明しやすいんですよ」
「ふーん」
konata.jpg「ま、後付だけどね」
kagami.jpg「ぶっちゃけるな!」
konata.jpg「前回はワシントン会議で大型艦の建造が制限されたところまで話したよね。これから1930年代後半まで各国で大型艦は建造されなかったんだ。世界のこの状態のことを『海軍休日』(ネイバルホリデー)と言ったりもするよ」
「そしてロンドン海軍軍縮会議では補助艦の制限について討議された」
「補助艦って?」
miyuki.jpg「前条約(ワシントン条約)で制限された排水量の大きい戦艦、巡洋戦艦、航空母艦が『主力艦』。これに対して巡洋艦、駆逐艦、潜水艦その他が補助艦と呼ばれるものですね」
「補助艦の中でも、直接戦闘に参加することのな工作艦や補給艦、潜水母艦を特務艦という」
miyuki.jpg「この条約は……ワシントン条約より露骨に日本を意識してますね
「どゆこと?」
konata.jpg「前回の条約で、『条約型巡洋艦』というのが出来たことは話したよね?」
「うん。一万トンの枠内で出来るだけ強くした巡洋艦のことだよね」
konata.jpg「そう。で、この条約型巡洋艦の中で、特に(スペック的に)性能が優秀だったのが日本の妙高型重巡洋艦なんだよ。同世代の艦と比べると明白だね」

myoukou.png
妙高型重巡洋艦
1929年竣工
基準排水量:10902t
公試排水量:13281t
全長:203.76m
全幅:19m
吃水:6.23m
出力:130000hp
速力:35ノット
航続距離:8000浬/14ノット
装甲:舷側102mm(傾斜12°)、甲板32~35mm、主砲塔25mm、バーベット25mm
兵装:20cm連装砲5基、12cm単装高角砲6基、61cm連装魚雷発射管6基、7.7mm単装機銃2挺、水上偵察機2機

pensacola.png
ペンサコラ型重巡洋艦(米)
1930年竣工
基準排水量:9097t
満載排水量:11500t
全長:178.31m
全幅:19.58m
吃水:6.10m
出力:105000hp
速力:32.5ノット
航続距離:10000浬/15ノット
装甲:舷側102mm、甲板25~38mm、主砲塔前面64mm、主砲塔側面38mm、主砲塔天蓋19mm、バーベット19mm、司令塔32mm
兵装:20.3cm3連装砲2基、同連装砲2基、12.7cm単装高角砲4基、53.3cm3連装魚雷発射管2基

London_class.png
ロンドン型重巡洋艦(英)
1929年竣工
基準排水量:9750t
満載排水量:13380t
全長:192.84m
全幅:20.12m
吃水:6.60m
出力:80000hp
速力:31.25ノット
航続距離:12500浬/12ノット
装甲:舷側25~111mm、甲板35~76mm、主砲塔25mm、バーベット25mm
武装:20.3cm連装砲4基、10.2cm単装砲4基、2ポンド(40mm)4連装ポンポン砲2基、同単装ポンポン砲4基、53.3cm4連装魚雷発射管2基
(アイコンは改装後)

kagami.jpg「速力が3ノットほど有速で、対空能力も高くて、しかも魚雷がより強力で発射管も多い……確かに戦闘能力で比較するとかなり優秀よね」
「もっとも、この高性能は前回話したとおり居住性や航続距離を重視しなかったことも関係する」
konata.jpg「もちろん、『主力艦だけ制限して、補助艦で建艦競争しても意味ないじゃん!』ってのもあるけどね。妙高型巡洋艦がロンドン海軍軍縮条約に大きく影響したのは間違いないと思うよ」
kagami.jpg「ちょっと待って。日本を押さえつけるための条約なのに、どうして日本が参加したのよ」
konata.jpg「それには大きく①英米海軍の保有量を制限するため、②不景気対策のため歳出を大幅削減する必要があるため、という二つの理由があったんだ」
「②は判るけど、①はどういうこと?」
「米英と日本では生産力や工業力が違った。同じように建艦競争したら、ヘバるのは日本が先
「なるほどー。つまり、条約で自分を縛る代わりに相手も縛ることが出来たわけだね」
「そう」
kagami.jpg「つまり、日本は日本で思惑があったってことね」
konata.jpg「そのとーうり」
miyuki.jpg「会議は難航し、フランスとイタリアは脱会。三ヶ月の会議の末やっと締結されました」
konata.jpg「条約は基本的にワシントン条約を踏襲し、新たに下の条件が加わったんだ」

・新艦建造を五年延長。既存艦の削減(ただし削減艦の一部は兵装・装甲・機関を制限する代わりに練習戦艦として保有可能
・一万トン以下の空母も条約範囲内
・巡洋艦の下限排水量は1850t
・主砲口径が6.1インチ(15.5cm)より大きく8インチ(20.3cm)以下の巡洋艦は重巡洋艦(甲巡洋艦)とし、合計排水量は18万t(米):14万6800t(英):10万8000t(日)まで(比率は10:8.1:6.02)
・主砲口径が5インチ(12.7cm)より大きく6.1インチ(15.5cm)以下のものを軽巡洋艦(乙巡洋艦)とし、合計排水量は14万3500t(米):19万2200t(英):10万450t(日)まで(比率は10:13.4:7)
・駆逐艦は主砲5インチ(12.7cm)以下で基準排水量は600tを越え1850t以下。合計排水量は15万t(米英):10万5500トン(日)まで(比率は10:10:7)
・1500tを越える駆逐艦は合計排水量の16%まで(駆逐艦が厳しいのは大型駆逐艦を制限するため)
・潜水艦は上限排水量は2000t、備砲は5インチ以下。3隻に限り2800tまでで6.1インチ以下。合計排水量は各国とも5万2700tまで
・基準排水量1万トン以下、速力20ノット以下、備砲6.1インチ砲4門以下の艦と基準排水量600t以下の艦は無制限

konata.jpg「見れば分かると思うけど……日本に相当厳しいんだ。これで、補助艦全体の英米日比は10:10:6.975になった」
「それでも海軍では当初対米7割という意見が多いので概ね賛成の方針でした」
「どうして七割なの?」
konata.jpgランチェスターの法則ってのがあってね。例えばだけど、三人と一人が喧嘩したらどっちが勝つ? あ、もちろん実力は同じだと仮定するよ」
kagami.jpg「当然三人よね」
「だねー」
konata.jpg「うん。だけど、三人のうち一人を倒すことは出来るかな?」
「うーん……それは……」
kagami.jpg「難しいんじゃない? 一人に絞って殴ってる間でも二人から殴られつづけるわけだし……」
konata.jpg「ランチェスターの法則って言うのは、つまり、実際の戦力は見た目の戦力の二乗に比例するってもの。さっきの例だと自分の9倍の実力を持ってるやつと喧嘩したのと同じってことになるんだよ」
miyuki.jpg対米七割なら100:49で、戦争になっても何とか勝ち目があるかもしれないけど、対米6割ならば100:36で、絶望的……。海軍が対米七割にこだわったのはこういった理由があったからです」
kagami.jpg「なるほど……」
miyuki.jpg「ですが、準主力艦とでもいうべき重巡洋艦は結局6割程度になってしまいました。条約は締結したものの、その過程において条約に賛成する条約派と反対する艦隊派の二つの派閥が出来てしまいます」
「この派閥は後々尾を引くことになる。とばっちりを食った人も大勢いた」
konata.jpg「まあ、それはそれとして、小型艦も制限されたことによって軍艦はある意味歪な方向に進んでいくことになるんだよ
「なるほど……」
konata.jpg「よく架空戦記とかで『ワシントン条約が締結されない』とか『ロンドン条約が締結されない』とかあるけど、もしそうなった場合変わるのは戦艦よりも空母や巡洋艦の方かもね」
「具体的には?」
konata.jpg「空母は戦艦からの改造がなくなるから史実よりも進歩がかなり遅れると思うよ。逆に巡洋艦は準主力艦である必要がなくなるからそのまま軽巡洋艦として発達することになると思う。ただ、青葉型重巡洋艦みたいな例(巡洋艦を駆逐するため20cm砲を積んだ巡洋艦。条約型ではなく、飽くまで従来の巡洋艦の延長)もあるからどうにもいえないけどね」
「ロンドン会議の結果、軍備を制限された日本は何とかして比率を下げようと苦肉の策を続けるけど、それはまた別の話」
「次回以降のお楽しみ、ってことだね」
miyuki.jpg「次回こそ、空母史についてやりたいと思っていますが……」
konata.jpg「予定は未定!」
kagami.jpg「だから、ぶっちゃけるな!」
なお、今回以下のサイトよりアイコンおよび画像を使用させていただきました。
モアイ部さま
アイコン&お絵かき工房 

 アクセス解析
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/06 あなば]
[03/11 ジョン]
[02/17 ジョン]
[02/05 名無し閣下]
[11/30 名無し]
プロフィール
HN:
三毛招き:( =゚ー゚=)
性別:
非公開
職業:
しがない学生
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
しがない大学生。
好きな作品は甘でラブでイチャなやつと、ヤンデレ、S・F(少し不思議)と、異形と、大艦巨砲主義なやつ。
好きな作家さんは藤子・F・不二雄、前田珠子、新井素子、吉岡平、横山信義、林譲二、橋本純あたり。
好きな音楽は海援隊などのフォーク、中島みゆきなどのニューミュージック。あとはLiaさんや新良エツ子さん、じまんぐさん、Sound Horizon(一期、二期両方)、Suaraなど。
歌じゃないのなら地中海風というかラテン風、イタリア風とテクノっぽいのやカントリー音楽。ピアノ音楽も好き。

意見、感想、訂正、批判、罵倒などコメントお待ちしております。
あ、それから一応リンクフリーです。
Twitterはじめました。
http://twitter.com/mikemaneki
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最近読んだ本
三毛招きの最近読んだ本
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー 『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』応援中! 風峰涼香 『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』2010年6月25日発売予定! 止マナイ雨ニ病ミナガラ くろまくみこ普及委員会