忍者ブログ
軍事・ヤンデレ・ギャルゲ・音楽・小説などを勝手に
[255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリアしたのは十日ほど前なのですが、ちと熱を冷ましていました。
たぶん、その頃に書いたら興奮冷めやらぬ支離滅裂なものになったと思うのでw
それぐらい凄かった。

正直、EP4まで若干退屈なシーンが多かったのは事実。特に魔術関連。
なので、EP4なんか特に「( ´゚д゚`)えー!?」って感じだったし。
でもアレですね。
EP4までは準備期間ですね。
これまでの伏線がようやく回収されてきました。というより、アレが伏線と思わなかったというものまで。
例えば「愛がなければ視えない」「チェス盤をひっくり返す」「全ての登場人物は右代宮金蔵を見失わない」等。
特に最後の伏線は、EP5で最初に出てきたときは割とさらっと流していたので「ああー、あったなそんなの!」と思わず唸ってしまいました。

以前も言いましたが、私は推理モノとしてはうみねこのなく頃にを割とどうでもいい派です。
むしろ、一つの物語としてみてもらいたい。(EP5で出てきたノックスの論だと私は愛がないのかもしれないけど)
ただ、推理ものとしてはようやく動き出しましたね。これはミステリーファンには嬉しいことかもしれない。
以前「ノックス・ヴァンダインは関係ないといいながら、うみねこではしっかり受け継いでる」と言ったらやっぱりそのとおりでした。

新キャラ。古戸ヱリカ&ドラグノール。
前作では古手梨花(フルデリカ)でフレデリカでしたが、古戸ヱリカ(フルドウェリカ)でフレデリカは正直、無理があるだろう、竜ちゃんwww
性悪ですねぇ。サドですねぇ。
でも、それ以上に、「違うよ。僕は変態じゃないよ。仮に変態だとしても、変態という名の探偵だよ!」ってかんじでしたw
もう、この辺に関してはあちこちでネタになってるんで今さら触れませんがww
ただ、彼女が単なる性悪、単なる悪役、単なるドS、(単なる変態)とは思えません。
ひぐらしでもそうでしたが、彼は人間の多面性というものを描くのに長けているので。
ヱリカの過去とかもそのうち出てきそう。
ドラグノール……ひゃっひょう! 眼鏡っこだぜ、眼鏡!!

なっぴー
相変わらず、竜ちゃんは熟女好きですねぇww
よく考えれば、今までのEPも実質的にEP1→夏妃編、EP2→楼座編、EP3→絵羽編、EP4→ベアトリーチェ編みたいなかんじでした。
今回は夏妃編ですねw
よく考えれば、前回も圭一主役・レナヒロインと見せかけて富竹主役・三四ヒロインみたいな感じだったしなぁ。
あとなっぴー以外にも今回はきん☆ぞーが萌えキャラでした。
まさか、あの衛藤ヒロユキの漫画に出てきそうな爺さんが活躍するとはw
自分は秀吉さん・郷田さんあたりが好きなんでそろそろ活躍させて欲しいですねー。
二人とも影薄いしな……
ピクシブ巡ってたら出てきたもの。
鳴き声ワロスwwww

その他
少し気になった点が二つ。
一つはメタ要素が大きくなってきた点。
EP2あたりからちょっとだけ示されていたけど、これは単純なメタものじゃないです。
裏お茶会(ベルン・ベルン)>お茶会(ベアト・バトラ)>六軒島という感じで三層のメタ構造というのがはっきりしました。
でも、今回はさらに上があるのではないかという描写も出てきました。
一つはカケラの世界。もう一つはベアトの庭園
これ、下手したらこの時点で五層のメタ構造というわけのわからないものに。もしかしたら、次のEP以降さらにいくかもしんない。
これ、ちゃんと収集つくの? という感じ。
もう一つは読者批判っぽいものがあった点。
ただ、これはさほど心配はいらないかもしれない。
読者批判、読者批判批判、作者批判全部ひっくるめた雑感といった感じだったので。
作品自体をディスったりはしてないし。
この辺、少なくとも自らもファンタジー小説書いていながら「自分は他人とは違う」とでも言わんばかりに読者や他の小説を「おファンタジア」と言って馬鹿にしたり、自らもマニアでありながら「プロとアマチュアはわかりあえる、プロとマニアはわかりあえない」などとしたり顔で言ってプロ面するどこぞのデブとは違いますね。

ちょーっとエンジンかかるの遅かったかなー、と思わないでもないですが、非常に出来のいい作品でした
EP6はまもなくやる予定ですが、これは凄く期待が持てます。

……ベアト、黒幕・ラスボスの位置からすっかりヒロインになってしまいましたねw
シリーズが進むごとにカリスマ性がなくなるラスボスは多かれど、ヒロイン化するのは私はストリートファイターシリーズのサガットぐらいしか知りませんww

一応、考察という名の推測をしてみます。
ネタバレ注意





やはり赤字って不完全ですね……いや、わざとなのかもしれないですが。
まず、時系列がほとんど示されていない。
この島には18人以上存在しない」はいつの時点なのか。島とはどこからどこまで指すのか。
金蔵を含まないことで、死者は人数に含まないというのは(死者を含めたEP3除いて)確定してますから、誰か一人死ねば枠が開くことになる。
また、島に停泊している船を含めないのは初日に船が来た時点で明らかなので、ある時点で18人以上でないとしてもそこから揺らぐ可能性はある。
たしかに、ノックス十戒で「犯人は物語当初の登場人物」であることを示していますが、川畑船長は名前がEP4で初めて出ただけでEP1時点ですでに登場してますからこれもクリアできる……
そういえば、うみねこの十戒は五番の「中国人を登場させてはならない」が欠番だそうですが……
つまり犯人は中国人(羽入)だったんだよ!
とはいくらなんでも言いませんがw
ただ、殺人の魔女幻想がなくなっても例えばアリバイであったり協力であったりに関しては関わる予知が出てきたり。
あと(どっちかというとこっちの方が重要)これで無双の魔女こと楼座さんの活躍する余地は出てきましたねwww
もうあの人は中国人(人外)扱いっしょw
あかされてない謎もまだまだあるなー。
07151129とか覚えてる人いるのかしらん?

それから、今回のでほぼ確信したのは魔女・家具等上位世界の人物が下位世界の人物誰かに該当する点。
なぜなら郷田が食事の準備を止めたとき、七杭の誰か(誰かは忘れた)が「朝食の支度を止めちゃ駄目!」と言ってるし。
これ、よく考えれば上位世界の奴らにはまったく関係ないことですからね。
少なくとも、郷田の食事の恩恵を受ける人物に該当する誰かであるという可能性が……
以前も同様の推理はしていたんですが、その時点では登場人物がまだまだ少なかった。
ですが、今回新たな登場人物(人物?)が三人増え、しかも次回もまた新キャラが登場するらしいので、この可能性はだいぶ高まってきたように思えます。
……まあ、だから何ってわけでもないですが。敢えて言うなら犯人=ベアトリーチェってこと?
っていうか、前述のことを考えると、私は川畑船長がベアトリーチェだと言ってるようなもんですが……
我ながら嫌だなぁ、この推理w

本編とは関係ないけど、幸せな推理
いいなあ、こういうの。
無理やりでいいからハッピーエンドになって欲しい派です。

PR

コメント
無題
EP5が楽しめたならEP6も楽しめると思います。
全然推理してないつもりでも意外と「そーだったのかー!」ってなるんですよね。
自分のほうのブログで書きましたが、うみねこの謎の半分ほどはEP6は解答が出てきます。
メタ世界偏重も進みますが。解答編である以上仕方ないのかも。

しかし、ヱリカはどこに行ってもなぜかスク水なんですよねぇw
「手持ちの水着」としか書かれてなかったのに。スク水似合いすぎ。

>ヱリカの過去とかもそのうち出てきそう。
EP6に出てくるので、お楽しみに。
【2010/02/16 19:03】 NAME[DG-Law] WEBLINK[URL] EDIT[]
Re:無題
どれもこれも、めっちゃ楽しみです。
わくわくしてます。

>しかし、ヱリカはどこに行ってもなぜかスク水なんですよねぇw
たしかに、成人女性の手持ちの水着がスク水なのは良く考えれば不自然ですわなw
でも、もうイメージは覆らないでしょうねw
【2010/02/18 11:12】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/06 あなば]
[03/11 ジョン]
[02/17 ジョン]
[02/05 名無し閣下]
[11/30 名無し]
プロフィール
HN:
三毛招き:( =゚ー゚=)
性別:
非公開
職業:
しがない学生
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
しがない大学生。
好きな作品は甘でラブでイチャなやつと、ヤンデレ、S・F(少し不思議)と、異形と、大艦巨砲主義なやつ。
好きな作家さんは藤子・F・不二雄、前田珠子、新井素子、吉岡平、横山信義、林譲二、橋本純あたり。
好きな音楽は海援隊などのフォーク、中島みゆきなどのニューミュージック。あとはLiaさんや新良エツ子さん、じまんぐさん、Sound Horizon(一期、二期両方)、Suaraなど。
歌じゃないのなら地中海風というかラテン風、イタリア風とテクノっぽいのやカントリー音楽。ピアノ音楽も好き。

意見、感想、訂正、批判、罵倒などコメントお待ちしております。
あ、それから一応リンクフリーです。
Twitterはじめました。
http://twitter.com/mikemaneki
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最近読んだ本
三毛招きの最近読んだ本
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー 『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』応援中! 風峰涼香 『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』2010年6月25日発売予定! 止マナイ雨ニ病ミナガラ くろまくみこ普及委員会