忍者ブログ
軍事・ヤンデレ・ギャルゲ・音楽・小説などを勝手に
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ、折り返し地点です。
今回は原作二巻第八話ですね。

ついに、春香嬢のグッズが見つかってしまいました。
怒り狂うお父様はグッズを踏みつけます。

「ヘルハウンド!」「これにっ」
執事を呼ぶおとーさん。
……違うアニメみてぇww
お父様、立木さんかぁ。渋くていいなぁ

おぉ……この手のアニメにしちゃ珍しいほど苛烈な人だ。思ってもここまで出来るもんじゃないぞ。
硬派、っていうか、ここまで来るともうキチガ……

祐人に泣きつく春香嬢。
登場する葉月さん。

葉月さんいいなぁ。やさしくてカッコいい。

ルコ&ゆかり先生登場。

空き部屋の情景が扇情的ww

理解のある大人って、良いよね、キャラ的に。
こういう人たち好き。

「むしろ嬉しいぐらいだ!」
失言www
あっという間に言質をとられて……
笑う春香嬢。いいねぇ。

「ルコさん素敵です」
お酒が強い、のイメージがだいぶ違う……
こりゃ、どっちかというと、「飲兵衛」だぞww

「お婿さんにピッタリですね」
メガネ白くして言うなw いや、寧ろ言えw

鍋をしながら春香との関係を問い詰められる祐人。
「ただのクラスメイトで……」
「ただの……」落ち込む春香嬢。
「決して下世話な好奇心などではありません」
ほっぺた赤くしながら言う葉月さんが一番いいww

美夏嬢と今後について話す祐人。明日になれば援軍が登場する、らしい。
祐人の援軍のイメージどうよww
どう見てもロボットw

「初めての夜なんだから……」
耳年間は私も思ったw

「みんな寝ちゃったか」「私は起きています」
さりげなさ過ぎるw ビックリするって。こりゃ。

巡回に行こうとする葉月さん。
ドアにぶつかり眼鏡を落とし鼻血を垂らす葉月さん。「問題……ありません」
今度こそ行こうとすると、今度は何故か冷蔵庫のドアを開ける。
「フェイントです」
噴いたww

お姫さまダッコで春香嬢を運ぶ祐人嬢。
そしてエロ妄想。実に思春期の少年らしいもうそうで。

「真っ暗なところに居ると寂しくなってきませんか? なってきますよねぇ!」
「私もここで寝ちゃ駄目ですか?」
目をウルウルさせて言う春香嬢。
あなたは私を萌え殺す気ですか!

春香にイノセントスマイルのことを言われなにやら思い出す祐人。
フラグキター

外では葉月さんが電柱にぶつかっていましたw

「あ、あの……よろしければなんですけど、手を繋いでもらえませんか?」
……ヤバイ、まじで萌え死ぬ。

目を赤くして朝まで巡回の葉月さん。この目いいなぁ。
と、そのとき不振人物が屋根の上に。塀伝いに屋根の上に跳ぶ葉月さん。かっけぇ。
てか、家の人かわいそう

美夏から電話。バレタらしい。

外を囲む……軍隊? てか、どこの特殊部隊ですか。

「返事がないので勝手に上がらせてもらった」
「いきなり切りつけるとはこの無礼者め」
「人の家の玄関を勝手に壊して……無礼はどっちだ!」
いや、そのとおりで。
「呼び鈴は鳴らしたぁ!」
そういう問題じゃねぇww

窓から入る特殊部隊にチェーンソウで立ち向かう葉月さん。
ブルブル感が黄色い線で示されてる……いまどき珍しいというかなんというか。
緊張感にそぐわねぇw
それがいいんだけど。

「押さえておけ」
どう見ても押さえすぎです。

「あれは一時の気の迷いなのだろう」
趣味なんてそんなものです。あとから考えると「うわぁ、どうして俺、こんなもんに金使ったんだろう」と思います。
でも、まぁ、好きになるのに飽きたときのことから考える人はいないわけで

「子供じみた意地をはるのはやめろ」
鏡、見ろ

「私は自分が悪いとは思っていません」
「私はあんなものが好きなんです」
春香嬢かっけぇ!
……同じ状況で同じことを言える自身はないなぁ

祐人かっけぇ。
祐人の言葉に葉月さん&ルコさんの戦闘力アップ。

美夏嬢&那波さん登場。

そしてお母さんも登場。
無駄に演出過剰でww
美人さんだぁ。

「余計なこと?」
こぇえww
黒いオーラがw

お父ちゃんかっこ悪いよ、お父ちゃん。
そして勝訴の紙がいいですなぁ

ヘリで戻るご両親。
……ご近所なのに。

そして一件落着ー。
……そういえば、ゆかり先生あの騒ぎに起きること無かったねw

というわけで、次回予告。
……今回は何のパロディか全然判らなかったなぁ。
情報募集。

あーあ。アマゾンでDVDの一巻の初回版を注文してしまったぜ。

アマゾンで買い物するのも、DVDを購入するのも初めて。
後悔などしていない!

……と言い切れるといいんだけど;
まぁ、若干はしてますよ、そりゃ。

PR

お久しぶりです。
実家から帰ってきたので若干遅くなりましたが、乃木坂春香第六話の感想です。
今回は原作二巻第七話ですね。

……祐人の想像の同人誌即売会暢気すぎるww
なに、この売れないストリートミュージシャンみたいなのw
お祭りwwww

それにしても思ったんですが、この時期に夏コミの話を持ってきたのは偶然ですかね。それとも故意?

10時が開場だから余裕をもって一時間前、か……
まぁ、常識的な判断だわな。うん、普通なら。
あ~あ、せっかく信長が甘く見るなと忠告してあげたのにw

ねこバス停……しゃあさんとこですな。

夏の民族大移動……ですわな。
そういえば、今年も夏コミにはいけなかった……冬こそは、冬こそは!

会場内は走るの禁止……うん、正論なんだけどね;

「お手?」「おかわり?」「わん!」
能登声でこれは破壊力デカいわぁ。
手繋ぎで赤くなる二人w
ラブコメ臭がするなぁw 大好きだw
ピンクのほわほわだよーw

「どうしてそんなにねこバス停の本が欲しいんだ?」
生みの親だからに決まって……ゲフンゲフン

うえ、割り込みで売り切れとかやり切れねえ……あることとはいえども。

「日本が世界に誇る素晴らしいオタク文化はみんなで守っていかないとねえ」
「私が買ったものだから持っていきなさい」
おぉー、いいおっさんだ。ダブルの意味で!(良いおっさんであり、いい(年こいてこんなとこに来る)おっさんでもある)

「その変装って誰?」
「秘密です」
言っちゃ駄目ww
まぁ、どこぞの幹事長がモデルなことは見た目からして、なのですがw
原作だと本人らしき人なわけですがね。まぁ、どっちでもイイですね。(どっちでもいいじゃなくて。アクセントを間違えないように)
もっとも、しゃあさん本人曰く「つか原作に出てくるしゃあっぽい人は全くの別人ですのであしからず。」らしいですが。

おぉー、険しい目で二人を見るおっさんが……
きっと回し者……誰の? まぁ、予想はついていますが言いません。

信長再登場。
阿修羅閃空かベガワープばりの勢いww
売る人と買う人に一体感、か……コミケにお客さんはいませんからね。いるのは参加者だけで。

あ、シエスタだ。
……だよね?

ちなみに「漢汁(おとこじる)」でググると味噌汁が出てきた。なぜに!?

そういや、『キョウハクDOG's』の二人は出ないんですね。残念ながら。
まぁ、停まってる作品だし仕方ないですか。

おぉ、いぬかみ本。しかも、男同士の濃い目のやつww
そういや、春香嬢ってオタクだけど腐女子じゃないんですよね。

「のぎすく~」
麻衣ふぇあれいでぃおの収録やってら。こういうネタを欠かさないのはいいよなぁ。

……18禁耐性ないのね、このお嬢様。

レイヤーを見に行く二人。
なぜかレイヤーと間違われ写真を撮られる春香。
守ろうとして自治厨と言われる祐人。
……コスプレはマナーを守ろうね。やるほうも、撮るほうも。いやいや、マジでマジで。

「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」
そういや、今週の麻衣ふぇあれいでぃおのゲストにはおかゆさんも居たっけw
とゆーわけで葉月さん登場。ドクロちゃんの格好でw
ちなみに那波さんはヴィルヘルミナ、美夏はヘカテーのコスですな。

「長モノの持込は禁止ですー」
だから、コミケはコスプレ目当てでいくべきじゃないんだよね。限定されるから。
ちなみに、吉岡平いわく、コスプレ目当てならガタケットの方がいいらしい。

「ヒーローみたいです」
うんうん。いいなぁ。こういう空気。

「今日怪しい奴につけられたりしなかった?」
無言で目の前を指差す祐人。
……まぁ、そらそうだわなw

家出した春香嬢。

来週はきっとあの人が登場するんだろうなぁ。と予感。
結構ペース早いね。

……でもさ、冷静に考えれば娘がやたらと薄っぺらい18禁の本買って来て大事にしてたら親は心配するわな。(ねこバス停は18禁サークル)

とゆーわけで次回予告。
今回はトップを狙えかな? イナズマキックとゆーことは。また微妙に濃いところをついてきましたな……。
来週も楽しみですよ。

余談。
今回のコミケはらき☆すたと違って悪い例も見せていたのがGOODかも。
次回はおそらくが出てくるはず。ネタバレになるので詳しく話せないのだけれど、あの反応がある意味、オタクに対するマトモな反応。
オタクを明るくおかしく書いてる作品が多い中、暗黒面にも踏み込んだいい作品。(ちょっと昔の作品だと、暗黒面に踏み込んだのはオタク=悪なのも多かったんですが、今回はそういうわけでもないし)
そう考えるとこなたの父親はすげえよな。
今回のに関してはコミケだからというのではなく、マナーとしてやっちゃ駄目だよってことで。

ついに、乃木坂春香の秘密も第五回を迎えました。
今回は原作四巻十三話+オリジナル。

WS000064.JPG
コミケのカタログを読みながらあるく信長
「夏コミの成功率は事前のサークルチェックにかかってるんだから」
正論過ぎるww
なぜか人にぶつからない信長。
羨ましい……。
私は今日もうとうとしながら歩いてて壁と激突してしまいましたよ
WS000065.JPGWS000066.JPG
パンチラですかw べたながら基本を忘れない精神は大事ですなw
と思ったらパンモロでしたw
WS000067.JPG
というわけで天宮椎菜登場。
てか、二人ともぶつかり過ぎw
今回で三回目ですよ。
WS000068.JPG
原作以上に盛り上がる男性陣。
原作だとむしろ女性陣が盛り上がってましたからね。裕人を刺さんばかりの勢いでWS000069.JPG
机不自然すぎwww
原作だと前の人をむりやり後にずらすんですがその辺は丸まるカットされました。
まぁ、テンポよく行くには仕方ないとか思いつつ、あれは先生の性格を知るのに大事なんだけどなぁとも思ったり。
WS000070.JPG
心象描写がしっかりしてていいですねぇ。ここでアップを持ってくるとは。
WS000071.JPG
といったところでOP。
半分ならあ・げ・ない~♪
つい口ずさんでるのは秘密です。
WS000072.JPGWS000073.JPGWS000074.JPG
パンモロ三連発ww この健全なエロ青少年めっw
WS000076.JPG
キラキラしながら春花嬢に向かう椎菜。
原作だと既に会っていて、春花さんから接触をはかるんですがね。この時点で既に面識がありますから。
WS000078.JPGWS000079.JPG
水泳大会。ここからオリジナル展開ですね。原作だと転校してくるのが10月ですから出来たくても出来ませんからね。
てか、先生チョーク回しすぎww
生徒ガン無視ww
WS000080.JPG
「うー、どうしよっかなー」と悩む椎菜嬢。
これは……きっとアレなんだろうなぁ……
WS000081.JPG
やっぱりね。泳げないとは。ある意味予想通り。
そーいや、北海道出身だったね。アニメ版では言ってないけど小樽。
WS000083.JPG
サービスカットキター━━━━(゜∀゜)━━━━!!
そういや、高校で水泳の授業ってあったっけ?
私のところはたしか年に三回か四回ぐらいしかなかったような気がする。
学校にプールがなくて中学のを使っていたので。
こう見るとプールのある学校って羨ましいなぁ。
まぁ、私の故郷は島なので泳ごうと思えばどこでも泳げるんでプール要らないといえば要らないんですがねw
WS000084.JPG原作では野ざらしのまま放っておかれた先生でしたが、がんばって出張ってきました。
てか、生徒に無視されたのが応えたんだなきっとw
そして続けてメイドさん’sも登場。美夏嬢とルコ嬢も。
……サービスカットをやりたかっただけだな、きっと。
WS000089.JPG
足にビート板をはさむ練習方法。
練習方法存外普通というかリアルというか。
普通に練習してますね。意外なことに。
WS000090.JPG
そしてなんつーベタベタなハプニングw
てか、プールの透明度なら見えると思うんですがね。
WS000091.JPG
というわけで、前日。
おぉ、はえええ。数日の練習でこんなに上達するものか。まぁ、才能ですな才能。
泳げないやつはどんなやっても泳げないし。
WS000092.JPG
ベターな水のハプニング。いいですね。こういうのを忘れないの大事ですよ。
WS000093.JPG
「いけず」
葉月さんに一番笑ったw
声優さんうめえなぁw
WS000094.JPG
この顔w 顔ww
好きだなぁ、こういうの。
WS000095.JPGWS000097.JPG
というわけで始まりました、水泳大会ですよ。
椎菜嬢を励ます裕人。こういう気遣いが出来るから持てるんだろうなぁ。
椎菜の泳ぎ方って顔をつけない犬掻き風のクロールだよね。どうでもいいけど。
WS000100.JPG
うぉ、足吊ったか。
水ん中で吊るとリアルにヤヴァイんですよね。
泳ぎが達者でも溺れます。ましてや……
WS000099.JPG
おぉ、飛び込んで助けた。かっけえとは思いつつ、プールサイド回って助けたほうが確実だよなぁ。
WS000101.JPG
そして裸を見るというありがちハプニング。もう数え切れねえw
「裕人」「うん?」「……ううん、なんでもない」
ラブコメ臭がしてきたぜいっ! 好きだな、こういう空気
WS000102.JPG
かっけえw 那波さんw
らき☆すたのゆい姉さんを思い出した。
WS000103.JPG
「春香が溺れても、絶対に俺が助けるから」
良かった、忘れてたわけじゃないんですよね。
キラキラしてて素敵な笑いです。というわけでED.

今回の次回予告のパロも分からなかったなぁ。
…………あ! 金曜ロードショーか!
「ななついろ★ドロップスのゲスト奥原が贈る」というのは「○○の監督宮崎駿が贈る」のパロか!
うぉお、分かるとすっげえ笑えるw

次回は原作だと割りとすっぱり飛ばされた覚えがある夏コミのエピソードの模様です。
楽しみです。
 

今回は第二巻第六話から葉月さんのエピソード。
初めて原作と順番が入れ替わりましたね。

繁華街をゆくメイドさん。
これ、目立ちすぎるww
それを尾行する怪しげな集団……まあ、ぶっちゃけ主人公+夏美+春香+那波さんなわけですがw

シャナコスわろすww
てか、能登さんにくぎみーは無理すぎるだろww
コスなら着た時点で気づけよw

といったところでOP。
てか、このOPってやっぱり作中曲だったんですね。
こないだ六巻を読んでわかりましたよ。

『所用』で出かける葉月さん。
浮かない顔らしい。
悩み……まぁ、あるんでしょうな。
足から出てくる夏美。いーねぇw 脚線美

よからぬコトをたくらむ人たち。
まぁ、全部好奇心ですね。

葉月さんの傘さし姿いいなぁ、と思いつつ、まて、何歳だこの人とも思ったり。

お店に入る葉月さん。
ぬいぐるみ屋……いいねぇ、予想外の人。
『うふふふふ(棒読み)』ちょいまてww
『おやすみなさい(棒読み)』こわいわww

のぶなが登場。
植田佳奈ww 声優ネタかよw
てか、植田さん、これ読んでるとき恥ずかしかっただろうなぁ……
自分で自分のこと『超人気声優』なんていうんだからw

ため息する葉月さん。いいねぇ。

ビルのでっかいTVに映ってるのなんだろ……NHK?

椎名再登場。派手に倒れすぎる、てか、飛び出したのもいきなりでもなかろうw
パンモロ! パンモロ!
椎名はこういう方向性でいくき何だなww
てか、祐人の背中旭日旗って、どーなんだそのセンスw

てとてとと追ってくる春香嬢。なんとなく、おねティの楓を思い出した。
なんつーか、健気さが。てことはえっちのとき(ry

本来の目的も忘れて買い物に励む二人。

ここで、CM。
あれですな、小説のCMって珍しいですよね。私は初めてみたかもですよ

CMあけ。いや、葉月さんとは外出してないだろw

真昼間っから酔いつぶれてる駄目人間登場。
うわぁ……近くに似たような人間がいるので祐人が他人のように思えないよ;

3Pww こういうこと大声で言えるから深夜アニメはいいよね。

喫茶店で紅茶を飲む葉月さん。
店員さんにしか見えないんですがw

今見て思うんですけど、このエピソードって脇役を掘り下げるためにあるんですね。納得。
そのうち違う人でもこういうエピソードを入れるのかも。

ルコさん登場。アニメ版ではこんな長い台詞は初めてですね。
春香さんと遭遇。挨拶する二人。
審美する、ルコさん。いいねぇ、この春香さんの絵w
いいお姉さんですねえ……

自動販売機がダイドーなのはやっぱりスポンサー関連なのかな?

まだやってる二人ww アホアホしくて素晴らしいw
エロいなぁww

何かを勘違いしている店員さん。
カマっぽい店員さんに衣装を着せられる祐人。
おぉぉぅう、新婚さん?
いいねぇ、いいねえええ!!!

「すいません、間違いでしたー」
ですよねーww

おー、大胆ですね、春香さんw
いいねええ!

二人して勝手に進める話。
「葉月さんにとって大事なら私たちにとっても大事なことなんです」
まぁ、オチは読めてるわけですがww

か・な・も・の・やwwwww
てか、この金物屋いい店すぎるなww

写真が見つかってウブウブラブラブやわやわwww
ベタすぎていいトラブルw

というわけで次回へ続く。
今回もパロなんだろうけど、元ネタがわかんないなー。

今回は原作1巻3~4話。

赤坂、六本木、青山
微妙なネタ集が最高です。

美夏登場。テンポは若干悪くなってるけど、まぁこんなものか。

といったところでOP。このOPは買いだな。

おう、メイドさん登場。こりゃ、葉月さんですな。原作のイラストより髪が短い?

途中で税金がエラいことだろーなーと思ってみる。

葉月さんの紹介シーンはカット。まぁ、仕方ないか。

原作版より『二人きり』の緊張感が二倍増しぐらいに。これいいなぁ。

原作では英語の勉強をやって裕人が小生意気につっこむシーンが、アニメ版では古文でその辺カット。その代わりにそのあたりの緊張感がマシマシ。こっちのが好きかも。

美香+那波さん登場。後者は原作より早め。
また、原作では春香嬢が美夏嬢に呼ばれるけど、こちらではいきなり登場する。
展開的にはアニメ版のが好きかな。

那波さんグラサンだー。いや、原作だとあんまり絵がないから目立たないしね。
出るときも三頭身ぐらいなもんだから新鮮。

美夏の説明不足さがちと残念。

夏コミ……ヤメトケ。肉の熱は死ぬるぞ。

祐人クン。フラグが立ったね♪(死亡フラグだけど)

夏コミカタログの描写がわりあいリアル。てか、せめてカバーはずして持ち歩いたらよかったのに。

うわあ、祐人のカッコいいシーンが削られてるぅ!
すっごく残念……。7と思ったらちゃんとあった。
良かったー。ちゃんとシーンあったよ。このシーンは削っちゃ駄目なとこだしね。

うわあ、原作よりヒソヒソ話のレベルが上がってる……
まぁ、高校生のリア充ならこんなもんだよな。
ホント(オタにとって)高校生活は地獄だぜぇ。フゥハハハーハァー

……小笠原登場。なぜか原作と名前が違うネ。この人。
(原作では佐々岡修平)

……美夏の三白眼いいなぁww
メイドさんもいい空気を醸し出してる。

ガタリバタバタがちゃんと入っているのには噴いたw
てか、スタッフわかってるなぁ……感心、感心。

お茶のシーン吹っ飛ばして揺さぶりに行きました。

おおーう、出てきた春香嬢。いいなぁー、このシーン。あわてる場面ね。
スケコマシwww ちゃんと言ってるしーw
そしてチェーンソウ。いいよね。

原作では無視だったイジメが罵詈中傷に変わってるし……
まぁ、そっちのがわかりやすいしね。無視はある意味なれれば(自重&自嘲)
変にかまわれるほうが(だから自重)

「一人ぼっちは(ry」の台詞が強調。好きだなぁ。
原作にはないシーンだけど、原作でかけてなかったとこを強くかけてますね。
「一人じゃないだろ」のシーンがいいですねぇ。

「例え世界中が敵に回っても……」

「たとえ世界を敵にまわすコトになろーともオレにはオマエだけだッ!!」
「世界を敵にまわすくらいならって思っちゃうけどソレはとりあえず置いといてうれしーわマスミくん!!」
アルプス伝説自重

うわぁ。ムカつく顔しやがるなぁ、この銀髪。

とゆーわけで一巻で一番盛り上がるシーンが来ましたよ。
小笠原(佐々岡)を吹っ飛ばしてオタク宣言するシーンが。
一瞬です。まさしく早業。
銀髪の呆けた表情。それと真反対の春香嬢の凛々しい顔。ぉぉー。

というか、ふと思ったこと。コミケのカタログ見て「変なカタログ」と一発で看破する銀髪もたいがい……
あれ、知識ないと何がなにやらわからん作りだと思うんだけど……普通のカタログとはどー見ても違うし。

というわけで次回予告。
今回のパロはエヴァだったよぅww
サービスサービスぅ♪

とゆーわけで、原作一巻分は終了。次回からは二巻になるのかな?
手元にあるのが一巻だけだもんなぁ……近所の本屋は売り切れてたし。
友人から借りようかな。

今回は原作第一巻第二話ですね。
とはいっても、他のエピソードも混じってる感じですか。

OPも第二回となると慣れてきました。
というより、あの微妙にあっていない映像と音楽がギャップがいいとか思い始めました。

序盤の登校シーンは新たに追加ですね。第一話とつなげるにはちょうどいい感じでした。

原作との相違点はアニメイト、とらのあななどが実名で出ているところ。スポンサーとかそういった関係ですかね。
(原作だと名もないお店。あと、なぜかお値段が25000円から6800円に。たぶんリアルな値段は前者;)

おう、幼少期信長の声、小桜エツ子さんだ。
好きな声優さんなんですがあんまり聞かなくて……

フラグを立てるシーンが割かし早めにー。

信長の出てくる時間が早かったです。あと、原作よりも鋭い?

中盤で天宮椎菜が早くも出てきました。まあ、原作だと四巻まで登場しませんからね。対抗馬は早めに出したほうがいいんでしょう。
ガチャポンのエピソードが若干遅めに。小遣いとかのエピソードは省かれていましたが、迷い人の案内などがあった分ですね。(あのシーンは天宮椎菜を出すために無理やり付け加えた感じでしたが)

ああ~、残念。硬貨投入口に必死になって万札を押し込む春香嬢をアニメでも見たかったのに。
原作では目当てを手に入れるんですが、アニメ版だと手に入れてませんね。

喫茶店は猫耳だったのが一部になっていました。あと、妄想だけだったはずの春香嬢のメイド姿が実際に現れたり。写真も普通にとっていたりしましたし。
原作だと独白一人称ですからなんとかなるんですが、アニメだと妄想とか表現しづらいですからね。

結局目当ての品物は売り切れ……まぁ、買おうかどうか迷ったらその場で買うのはこの世界の鉄則ですよね。あとで買おうと思っても……;
お姫さまだっこきたあーw
でも、あれ、割かし平然な顔でやる祐人も結構すごいと思うなー。4~50kgの体重を日本の腕で支えるわけですからー。

携帯の着信音がてけとーに。原作だと『ワルキューレの騎行』なわけですが。

「今日一日春香とあっちこっちいって、色んなもの見てホントに楽しかった」
「それに祐人さんが買ってくれたものです~」
ちゃんと決め台詞とかを省いていないあたりいいなあー。
ここんとこ省いちゃうと駄目になるというのをきっちり抑えているというか。
かっちりとしたカッコいい決め台詞よりもこういうさりげないほうがスキー。

というわけで次回予告。
今回もパロディですねw 何のかはわかりませんが。ガンダムかなにかかなぁ。

今回は原作とは違う楽しみ方を発見できてよかったです。
原作ではひたすら甘イチャラブを楽しんでいるんですが、アニメ版だと祐人がそっちの道にだんだんつかっていくのがイイですねw
原作だと一人称で表現しにくいところをきっちり表現しています。
まぁ、その分祐人の心情とかは表現できていないわけですが、ある程度は仕方ないかなと。
今後も楽しみです。

ついに始まりましたね。
アニメ版「乃木坂春香の秘密
地方で、TV持っていないので情報遅いですが、感想でも書いてみようかと。

このOP曲普通に好きだなー。作品の雰囲気から言って、もっと電波な感じのを持ってくるのかと思ったんだけど。
でも、OP曲とOP映像は若干あってない感じがしますね。

今回は第一巻第一話まででした。

呼び出し放送……これは恥ずかしいww

うわあ……春香譲、能登だよ。
能登かわいいよ、能登。

EDはOPと違って曲も映像も合ってたなあ。

次回予告……あれ? 日曜の七時だっけww

というわけで、私の評価は結構高め。
原作から踏み外すこともなく、いいところはしっかり受け継いでくれているので。
今後、どういうアレンジを加えてくれるのか楽しみです。

7/22 追記
原作読み直してみると、細かい変更多いですねー。
・信長の返し忘れた本が『ビショウジョフィギュアコレクションⅢ 球体間接の歴史』から『イノセント・スマイル』に
・『はにかみトライアングル』の『ドジっ娘アキちゃん』が番組名から『ドジっ娘アキちゃん』に
・ギャラリーのささやきが小さく
・信長の個人情報解説がなしに

まあ、後半は昨今の事情を考えてでしょうね。前半は同じ作者の同名小説に配慮したのでしょうか?

追記
巡回先の人が二件も加えていたので自分も読書メーター加えてみました。右側の『最近読んだ本』ですね。
友人からも「お前、本読むくせにそのことネタにしないよな」などといわれているのでコレを機に増やそうかと思いまして。
……とはいっても、私が読むのって微妙に古かったりマイナー系統だったりするのですが;



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[04/06 あなば]
[03/11 ジョン]
[02/17 ジョン]
[02/05 名無し閣下]
[11/30 名無し]
プロフィール
HN:
三毛招き:( =゚ー゚=)
性別:
非公開
職業:
しがない学生
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
しがない大学生。
好きな作品は甘でラブでイチャなやつと、ヤンデレ、S・F(少し不思議)と、異形と、大艦巨砲主義なやつ。
好きな作家さんは藤子・F・不二雄、前田珠子、新井素子、吉岡平、横山信義、林譲二、橋本純あたり。
好きな音楽は海援隊などのフォーク、中島みゆきなどのニューミュージック。あとはLiaさんや新良エツ子さん、じまんぐさん、Sound Horizon(一期、二期両方)、Suaraなど。
歌じゃないのなら地中海風というかラテン風、イタリア風とテクノっぽいのやカントリー音楽。ピアノ音楽も好き。

意見、感想、訂正、批判、罵倒などコメントお待ちしております。
あ、それから一応リンクフリーです。
Twitterはじめました。
http://twitter.com/mikemaneki
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最近読んだ本
三毛招きの最近読んだ本
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー 『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』応援中! 風峰涼香 『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』2010年6月25日発売予定! 止マナイ雨ニ病ミナガラ くろまくみこ普及委員会