忍者ブログ
軍事・ヤンデレ・ギャルゲ・音楽・小説などを勝手に
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本のアニメがダメになった元凶

気になるものを見つけたので、こないだの続き的なもの。
同意できる部分も多いが、同意できない部分はもっと多い。
売り上げ至上主義的なものがエヴァから始まり、それは「功」ではなく「罪」なのだ、という意見にはかなり同意。
例えば「ドラえもん」だとか「ヤマト」だとかが当時から「売り上げ的に」成功したかと言われると、それはかなり疑問ですし。

一方、「まともな大人向けの作品が無いから」という意見には完全に非同意。
アニメというのは元々子供向けのものだと思うからだ。
一般的には夕方5時ごろ~夜8時ごろまでがアニメの時間だろうし。
大人向けが「萌え」「エロ」のみというのもなー。押井とか新海とかあるし、認識不足としか思えない。(私はどちらもそれぞれ違う理由で好みではないけど)

大人枠を作ろうとすると反発するオタクが多いって言うのもどうだろう?
「カイジが一般受けする」っていっても、そのカイジを見てたのもオタクだし。
少なくとも作ることだけで反発はないと思うけど。
私としてはホントに「オトナ向けアニメ(笑)」って印象なんだが。
てか、少女が主人公なだけで萌えアニメの変種って、お前らどんだけ萌えアニメ敵視してんだ、と。
主人公の年齢に商売上の理由が必ずあるってアホかと、バカかと。
書く(描く)人間だって、オッサン書くのが楽しい人もいれば、幼女描くのが楽しいやつだっているんだよ。

鬼太郎に関しては、猫娘がどうこうというよりもアニメ自体が変わった印象。猫娘自体は四期からそんなに変わってないと思う。
ただ、五期はアレだよね。従来の鬼太郎にあった「生活感」というか「貧乏臭さ」が無くなった。
「ケンカはやめろ、腹が減るぞ」というあり得ない仲裁をしていたのが鬼太郎だったのに、ピーマンを嫌がる子供が今の鬼太郎ですよ。
ホラーからファンタジーに移行したなーって気はする。
その点、墓場鬼太郎は良かった。
「コッペパンの為だ!」  最高過ぎwww

「アニメ大して好きじゃないやつがトップにいる気がするー」も結構同意だなぁ……
言い方は悪いけど「これやっときゃ、オタクが食いつくだろ」臭はかなりする。それも内容の面白さをほっといて。
それに食いつくオタクもオタクだけど。
ただ、これが最近のことかといわれるとそうでもない。
90年代OVA全盛期では良くあった。あかほりとかね。乳揺れが今じゃパンツになっただけのことかもしれない。

「ある日突然現れた女の子と同棲し始めるアニメ」に関しては、「いまさら言うことじゃないでしょー」と。
そもそも巻き込み型ヒロインはそうならざるを得ないんですよ。
この定義なら、999もラピュタもクズ以下に含まれる。

内輪受けばかり狙ってる……っていうのは私が言ったことと同じですね。
ジャンルがある程度成熟するとそういう風になるのかなー、とも思う。

ただ、だからといって私はこのまま終わると信じたくはないし信じられない。
いつか、閉塞感を打ち破るものが現れると思う。
そのためには、現状に満足するのも昔を懐かしんで懐古主義に浸るのもどちらも良くないのではないかなーと。
「赤字でもいいから作りたいものを作る」ってのは至言かもしれない。
もっとも、それができないから苦しいのだけど。

まぁ、アレだな。
つまらないことを原作のせいにするなと。
原作不足で大変なのはわかるけど、たかだか3~4巻程度しか出てない漫画をアニメ化したり、シリーズ途中のラノベを無理やり決着つけたり……いい加減にしてくれ。
私が一番いいたいのはコレかもしれない。
PR
こないだ、アニメに関わっていたっていう人と話したのだけれど、その人が言うにはアニメはもう終わってる状況らしい。
ここでいう終わってるというのはジャンルそのものが無くなるんじゃなく、外にアピール出来ず細々とファンの間のみで消費される状況のこと。
確かに、『コードギアス』の二期なんかはDVDが6万枚売れたとか言ってるけど、視聴率では5%にもとどかない。深夜アニメでもないのに。
商売で見れば、それだけ売れれば大成功なんだろうけど、アニメ番組として成功したかっていうとかなり疑問。
(ちなみに私はギアスを見てません。「ギアスってあれでしょ? 緑髪の女がピザ食って、シスコン男が腰振るアニメ」って言ったら、「大体あってるw」と先輩に言われたから……というのはさておき、ロボの出てくる999という印象なので)
そんな、内内でしか受けていないアニメが「新しいアニメの形」とか、寝言としか思えない。
今のアニメの状況は「アニメ冬の時代」といわれた80年代に似ているそうです。特に勇者シリーズ。
キッズ向けに回帰し成功した勇者シリーズは回を重ねるごとにオタク向けになり、ガガガではオタクに絶賛されるも視聴率は最低で枠が消滅。
一方土6はウルトラマンから、種ガン、ハガレン等で人気を集めるも次第に視聴率は下降。日5になったギアスでついにこの状況。
確かに似てる。
つまり、子供含めた広い層にむけてヒットして根付いた枠が、子供ホッポリ出してオタに媚びることで数字を失うということですね。
この法則から行くと、次にアニメ界を掌握するのはNHKということに……
普段アニメ見ない人間に「これ、オススメ」って言える作品が無いんですよねぇ、今。
商売がオタク向けになったら終わりですよ。
今、夜の7~8時のアニメが全く無いもんなぁ……
昔は月曜にコナン見て、水曜にDB見て、木曜にグルグル見て、金曜にドラえもん見てたもんだけど。
アニメゴールデンの時間帯よ、もう一度! 深夜じゃクォリティに限界あるし。

乃木坂春香の秘密も最終回ですね。今回は十二話を基本としたオリジナルストーリーでした。

自分のプレゼントで春香嬢を喜ばせることが出来るか不安な祐人。あんな雑魚の言うことなんて気にするなよ祐人。

なんつーか、誕生パーティーっていうより幼稚園の出し物みたいなアレだね。

祐人を探す春香に微笑む秋穂さん。
秋穂さんいいなぁ。

自信なくしてる祐人を引っ張る美夏。
……バースデーケーキの『入場』ってなんかおかしくないかw
てか、やることが一々派手なんだよなw

美夏に促されて大きな声で「誕生日おめでとう」と叫ぶ祐人。
春香もうれしそうです。

と、前回のイヤミ野郎にぶつかった祐人。プレゼントを取り上げられます。子供のいじめかっ
取り返そうとした弾みに敗れる包装紙。
てか、こいつは相変わらず新世界よりがバックなんですね。
「品位のカケラもない」
……お前に言われたないわっ

惨めに帰ろうとする祐人を引き止めたのは前回の爺さん。
爺さんの一言に自信を取り戻した祐人。

豪快に無視されるイヤミ野郎。
豪快に無視されるなぁ、後ろ。
ハラショーうるせえwww
親に泣きついたりと三下臭がすげえw ここまで行くともはや感動ものです。
三下の父親パンチすげえww

老人なんと春香嬢の祖父だという。まぁ、ここまで露骨だと判らないほうがアレですが。

パーティーが終わり、自分の部屋に祐人を呼んだ春香嬢。
そこで見せるのは今まで手に入れた宝物たち。
フラグ立たせたのを思い出した祐人。

偶然祐人を押し倒す形になった春香。
二人はそのまま、キッスをしました。
んー、原作はそこまで行ってないのでこれは……
と、そこで割り込んできた面々。
お父さんいいなぁ。
といったところで終わりました。

コレはきっと二期あるんだろうなぁ。
ちなみに来期のアニメはCLANNAD~AFTER STORY~とヒャッコを見る予定です。
ブログに感想載せるかは今のところ未定です。

今回は三巻第十話+十一話+十二話より春香の誕生日エピソードですね。

バスタオルが落ちた美夏よりも、律儀に一話から見てるアニメを見ている祐人に萌えるのは私だけでしょうかね?

「あのさ、春香。今欲しい物とかってある?」
「英語のノートと赤いペンがそろそろ切れそうなのですが」
「も、もう少し夢のあるものなら?」
「イシビヤジマオオヤマネコの赤ちゃんとか青いコアラちゃんをもふもふしてみたいです」
「も、もう少し手に入れやすいものなら?」
頑張れ祐人。

春香の姿を見て何か思いついたらしい祐人は単身秋葉原へ。

そこへ表れる信長。フィギュアを勧めます。

子供時代のことを思い出させる信長。
いいフラグ回収ですなー。

那波さんの車に拾われる祐人。
ルコとゆかり先生登場。この二人好きだなぁ。

超音速の航空機に載る五人。どこに行く気だw

お父さんが買い取った島だという。豪気ですね。
さらに豪気なプレゼントたちに自信を無くす祐人。
あらら……

そこへ春香嬢登場。

空気嫁、酔っ払いどもw
いや、逆に空気読んでるのか、これは。

謎の爺さん登場。
釣り針を無くしたという爺さん。正面から見ると誰かに似てますね。

「珍しいものがかかったようじゃの」
上手いこと言ったつもりかw

炎天下でもメイド服なんですね、二人とも。
そこへ登場する春香嬢。
……こういうとこでキャラソンとか使うから「販促アニメ」とか言われるんだよなぁ。いや、いいけど。

……人工呼吸のお約束シーン。てか衆人観衆の中でかよw
顔あっけぇww
好きだなぁww こういうシーンは。

それを見る謎の影。
……第一話の例の野郎(←名前も覚えてない)と同じ匂いがします。
まぁ、具体的に言うと……アカラサマな当て馬役?
てか、何故「新世界より」がww
このBGM聴くと「極上! パロディウス」の最終面が思い浮かぶんですよね。
「パァリィ」の発音www

あ、原作じゃあっさりなのに続くんですね、これ。

さーて、次回予告は……
『装甲騎兵ボトムズ』だよww
よりによって最終回の次回予告にこんなマイナーなのを選んだんだろう。
もっとメジャーなのあっただろうに。

今回は原作4巻15話&16話ですね。

ついに白凰祭前日
なぜかいい雰囲気の祐人&椎菜嬢。そこに看板が降り注ぐ。助けようと思って勢いあまって椎菜を押し倒してしまった祐人。
そこにベタにも登場してしまった春香嬢。
はい、誤解フラグが立ちました。
椎菜空気読めてるなぁ。ストーリー的な意味でもラブコメ的な意味でも。

判ってても納得できないんだろうなぁ……
ここら辺の心象描写好きだな。

つーわけで暗い気分で本番。

おぉ、コスプレいいなぁ。
……明るい顔が逆に痛々しい気がする。

ミスコンの話で忠犬八咲さん初登場ですな。脅迫DOGS再開しないんですかね。

お父さん来ないんですね。残念です。

「ボクは君をアイスティー」www

やっぱり気にしてるなぁ。露骨に避けてるし。

葉月さんがいいなぁ。この人は全部判ってる気がする。

イベントは原作に比べてごっそり削られてるけどこっちのがいい気がする。

「よくわからないけど、昨日のこと聞きたくないです」切ないなぁ。

春香を探す祐人の前に葉月さん登場。

「選ぶべきときだけは間違えないでください」
台詞いいなぁ。例はともかくとしてw
エリックって熊のぬいぐるみのことだしね。YABEEオークションwww

春香嬢を発見した祐人。明るいアニメソングのオルゴールが物悲しく聞こえます。

「俺は春香と一緒に居たいから」
「私も祐人さんと一緒に居たいです」
いいなぁ。こういうシーン。

そしてアニメソングのオルゴールでフォークダンスを踊る二人。甘酸っぺえええええ!!

次回予告は何だこれww
無差別級バトルってw
お父さんはじけすぎですw

ワンクールでしょうからもう残りも少なくなってきましたねー。ハルヒみたいに二期ありで途中でやめるのか、それともアニメ版なりに決着を付けるのか……
おそらく前者だろうなぁ

今回は原作第四巻第十四話ですね。

先生のアレさは原作どおりですねw

コスプレ喫茶を提案する信長。隣のクラスなのに!
しかもけっこう乗り気ですね。
てか、三馬鹿自重しろww
というわけでコスプレ喫茶に決定。

いまさら気づいたんですが、OPってがっつりキス映像があるんですよね。
原作ではそこまで行ってないのだがそこまで行くのだろうか……

楽しみにする春香。
おぉ、春香のコスプレ喫茶の妄想の中にブギー・ポップが居る。
懐かしいなぁ

いい感じに邪魔する椎菜。
二人であってるのをみて動揺する春香。
……いいねぇ。これで表に言葉を出さないのがいい。
葉月さん「千載一遇のチャンス」「いっそ拉致してしまえば」「エロス」
あの人やっぱ好きやわぁw

だんだん恋心になってきて良いなぁ。
切なくなるなぁ。甘酸っぺえ。

コスプレの衣装を調達しようと春香嬢に頼む祐人。
これはデートフラグだな。

というわけで日曜日。
というわけでコスプレの店に到着。
てか、コスプレの衣装ってやたら高いけど大丈夫か、と思ったら作るんですね。

キャッチもコスプレですね。

試着室できちんとたたんでる。すげ。
かわいらしい衣装ですね。
「本物の天使みたいだ……」

これは問題のシーンww
キス寸前てか動きがやらしいよw

……死亡フラグ。
父上登場。暴力団かいw

「歯を食いしばれ」
歯ですまないから、骨までいくから、それ。

那波さん&葉月さん登場。またいいタイミングで。
那波さんの武器ははたきなんですね。
そして秋穂さんも

白くなって倒れる父上。
締めるとこは締めるお母さんだなぁ。

かばいあう二人。いいな、こういう関係。

フォークダンスを誘う春香嬢。顔が赤くなってかわいいことこの上ない。萌えるなぁ。

白くなったままのお父さんw

差し入れを持っていこうとする春香。
クッキーモンスターww
違う意味で。
と、椎那を押し倒す祐人を見つける。
修羅場フラグ? といったところで次回へ。

次回予告は……おぉ、「おねがいティーチャー」
一番好きなアニメなんですよね。

次回も楽しみです。

今回は基本的にオリジナルエピソードですね。
それに三巻第九話と四巻第十四話がちょっとといったところ。

猫かぶりの美夏嬢。友人にデートをレクチャー
なんつー似非お嬢様っぷりwww

「デートなんてしたことないんだよね」
そりゃ、そうか。
会話によると祐人と春香は二人きりで部屋らしい。
……でも、家には両親いるんだねww
そして覗き魔の二人ww
会話中www
「春香、いいだろ?」
「で、でも恥ずかしいです。こんなことになってますし」
「もっと……よく見せてくれ」
「俺のはどうだ?」
「凄く……大きいです」
…………
「俺たちはホットケーキを作ってただけだ」
wwwwww

そして、ホットケーキを食べながらアニメの話に移行。
「そうしたらアキちゃんがカレーうどんをこぼしてしまって」
「でもそのとき、大量のねぎが襲ってきて」
「さっきの、ワカメとオコワはどうなったんだ?」
どんなアニメなんだろうw

そして
余りに平和な二人に飽きてくる美夏嬢。
そして、不満。

祐人を呼び出す美夏嬢。
「暴れまわって大変だから絶対きて」何がw
効果音過剰ですw てかパオーンってw

喫茶店に入る二人パフェでかすぎですw。
そりゃ、崩れもするわw
美夏の顔にクリームが。これは意図的なものなのか、それとも他意はないのかw

映画館に入る二人
「駄目、そんなところ。やだぁ、お兄さんのえっちぃ」
どんな夢を見ているのだw

椎菜に会う二人。盛り上がる祐人と椎菜に面白くない美夏。
不満だらけで浴衣を新調します。

というわけで、河原に花火大会に向かう二人。
「美夏と一日過ごせて楽しかった」
こういうことさらっと言える奴っていいよなぁ。
てか、このプランって、冒頭に語ったのマンマですねw
美夏も危うくキスしそうになったしw

そこに春香嬢登場。
「今日はずいぶん楽しいそうでしたねぇ。ああいう美夏様は初めてみましたぁ」
那波さんのほうが一枚も二枚も上手でしたw

新学期に突入。
「夏休みは楽しかったですか?」
「はーい」
「そ、良かったわね。先生は……先生は三日前に振られちゃって……」
一瞬で暗くなるクラスw

文化祭実行委員。椎菜に決定。祐人コールに引きずられるように祐人も。
というわけで次回に続く。

次回予告、今回は銀英伝ですかw
宇宙暦マイナス、帝国暦マイナスってww
銀河の歴史がまた一ページw

来週も楽しみです。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/06 あなば]
[03/11 ジョン]
[02/17 ジョン]
[02/05 名無し閣下]
[11/30 名無し]
プロフィール
HN:
三毛招き:( =゚ー゚=)
性別:
非公開
職業:
しがない学生
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
しがない大学生。
好きな作品は甘でラブでイチャなやつと、ヤンデレ、S・F(少し不思議)と、異形と、大艦巨砲主義なやつ。
好きな作家さんは藤子・F・不二雄、前田珠子、新井素子、吉岡平、横山信義、林譲二、橋本純あたり。
好きな音楽は海援隊などのフォーク、中島みゆきなどのニューミュージック。あとはLiaさんや新良エツ子さん、じまんぐさん、Sound Horizon(一期、二期両方)、Suaraなど。
歌じゃないのなら地中海風というかラテン風、イタリア風とテクノっぽいのやカントリー音楽。ピアノ音楽も好き。

意見、感想、訂正、批判、罵倒などコメントお待ちしております。
あ、それから一応リンクフリーです。
Twitterはじめました。
http://twitter.com/mikemaneki
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最近読んだ本
三毛招きの最近読んだ本
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー 『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』応援中! 風峰涼香 『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』2010年6月25日発売予定! 止マナイ雨ニ病ミナガラ くろまくみこ普及委員会