忍者ブログ
軍事・ヤンデレ・ギャルゲ・音楽・小説などを勝手に
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は軍事が関わる小説で大切なことについて話そうと思います。
それは『補給』です。
これを欠くが故にリアリティの無い作品がどれだけあることか。
これに比べれば兵器がどれだけ超兵器かとかリアリティがあるかとかいうのは些細な問題です。
どれほどの超兵器があろうとも軍隊は補給が無ければ動けないのですから。
ちょっと考えれば判りますが、兵隊さんといえどもご飯は食べます。
運用する艦船や航空機は燃料を食います。
とりあえず人間について考えて見ましょう。
成人男子は一食につきおおよそ米一合を消費します。これにおかずが大体300gほどでしょうか。
軍隊というのは重労働ですから一日に4食5食というのはザラです。
米一合(生米)は150gですから、一日に1800g~2250gが食料だけで必要です。
さらに人は一日に2Lの水が必要とされていますので、先ほどの数字にさらに2000gが加わります。
兵士一人が一日行動するのに必要な食料が約4kg。
例えば一個師団を動かすとして、現在の自衛隊だと一個師団8000人、旧陸軍だと二万人弱です。
世界平均で考えれば1~2万程度と思って良いでしょう。
これを考えれば一個師団が一日行動するのに必要な食料は40~80t。
そして軍隊が何日行動するのかという問題もあります。
例えばある目標を陥落させるのに二個師団で一週間かかるという試算があったとします。
この作戦を実行させるとき、余裕をもって二週間分ほどの食料は必要でしょう。(一週間で終わると思ってその期間で落とせなかったらエラいことになります。余裕を持つのは大事なことです)
この場合必要な食料は560~1120t。
4tトラック換算で140~280台にもなります。
これだけでも大変と少しは判っていただけたでしょう。しかし、もちろんこれで終わるわけがありません。
補給というのはそんなに甘い物ではないのです……(続く)




私心
帰省します。十日ほどのんびりしてこようと思います。それでは
PR

今日はタイトルのとおり艦艇の命名方法について話したいと思います。
いや、仮想戦記とかでも何故か「信長」とか「信玄」とか戦艦や空母につけてるのがありますが。
ここに来る人はラ研から来る人も多いですしね。参考になれば幸いです。
日本では基本的に人名は付けません。これは日本独自の特徴ですね。
これは明治天皇が「船が沈んだらその人に対して失礼にあたる」と仰られたのが原因です。
(もっとも絶対にないというわけではありません。海上自衛隊の
しらせや帝国海軍の間宮は間接的には人名です。もっともどちらも地名からとっていますが)
まず、旧軍の場合。
戦艦だと旧国名、空母だと空を飛ぶ物の瑞祥の動物、巡洋戦艦・重巡洋艦だと山岳名、軽巡洋艦だと河川名、駆逐艦だと天象気象及び月の名前や植物名、水雷艇だと鳥の名前、海防艦だと島の名前が、砲艦は名勝旧跡から、特務艦(運送艦や補給艦)だと岬や島や海峡から名前がつけられます。潜水艦・輸送艦・掃海艇・駆潜艇・哨戒艇は番号です。
加えるならば事故や戦争で沈んだ艦の名前は継がれません。逆に退役まで沈んでない艦は名前継がれますね。扶桑金剛は太平洋戦争中のは二代目です。明治時代にどちらも同じ名前の艦があります。
あと、この命名方法が決まったのは日露戦争以降です。この以前は巡洋艦や戦艦は地名その他を適当に決めていました。(駆逐艦は「駆逐艦」という艦種が日本で制定されたころから変わっていません)
次に自衛隊の場合。
自衛隊は旧海軍の艦艇の名前を引き継いでる傾向がありますね。
あたご愛宕)やひゅうが日向)やこんごう金剛)などなど。もっともしらねなどの例外もありますが。
あと平仮名にするのも特徴の一つです。
護衛艦(DD・DDH・DDG)は山岳名と天象気象、DEは河川名、潜水艦は前回言ったように「潮」のつく言葉と水棲生物(もっとも水棲生物の名を冠したのはそうりゅうが初めてですが)、掃海艇・掃海艦は列島・諸島・島、掃海母艦は海峡や瀬戸、輸送艦は半島・岬、補給艦は湖の名前です。
また、DDのうち、天象気象名の場合は同じ型で語尾を統一する(例えば「たかなみ」型護衛艦だと「~なみ」のように)風習があります。
次に海上保安庁の場合。
巡視船は色々ですね。山・川・湾・半島・水道・滝・岬・海峡などの地名や星、星座や草花から名前がとられます。自衛隊の名前とかぶる場合も多いです。地名の場合は配置換えになったときには名前も変えられます。
最後に民間船。
これはもう色々で一概には言えません。
しかし、日本の民間船の特徴として「丸」が語尾につくことがあげられます。
なぜなら、法律(船舶法取扱手続)で「船舶ノ名称ニハ成ルベク其ノ末尾ニ丸ノ字ヲ附セシムベシ」という項があるからです。もっとも「成ルベク」であり、カタカナで表記されているとおり非常に古い法律(明治時代のもの)なので最近のはそんなにつけてはいませんね。
なぜ「丸」をつけるのか、というのは実は諸説あってわかっていません。
今日はここまで。
そのうち他の国のもやろうと思います。

とりあえずこちらの記事をご覧ください。
新鋭潜水艦「そうりゅう」進水
いままで潜水艦には「○しお」と付けるのが慣例(というか決まり)だったんですが遂にネタ切れのようですね。
(残っているのは多分「あかしお」とかネガティブな言葉)
もちろん「そうりゅう」といえば有名なのは「
蒼龍」でしょう。ここから名前を取っているのは明白です。
しかし、命名基準では潜水艦は「潮のつく言葉、水棲生物」ですから大きく逸脱はしていません。龍は一応架空の水棲生物ですからね。(とはいえ、「蒼龍」の方は「架空の飛行生物」での命名ですが;)
二番艦~四番艦も竣工予定とのことですがどんな名前になるんですかね。
飛行生物ではなので
飛龍雲龍といった名前にはならないでしょうね。
旧海軍で特殊潜航艇だった
海龍とか蛟龍とかでしょうか。
伏竜という手もありますがこれは自衛官の方が嫌うかも……
まあ、水棲生物ということで「あじ」とか「いわし」とかだとそれはそれで嫌ですが;
イマサラかもだけど、どうも私の印象は「ミリタリィな人」らしいw
というわけで、ミリタリィな記事でも書いてみようかなw
続き読みたい方は続きをどうぞ


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/06 あなば]
[03/11 ジョン]
[02/17 ジョン]
[02/05 名無し閣下]
[11/30 名無し]
プロフィール
HN:
三毛招き:( =゚ー゚=)
性別:
非公開
職業:
しがない学生
趣味:
ゲーム・読書
自己紹介:
しがない大学生。
好きな作品は甘でラブでイチャなやつと、ヤンデレ、S・F(少し不思議)と、異形と、大艦巨砲主義なやつ。
好きな作家さんは藤子・F・不二雄、前田珠子、新井素子、吉岡平、横山信義、林譲二、橋本純あたり。
好きな音楽は海援隊などのフォーク、中島みゆきなどのニューミュージック。あとはLiaさんや新良エツ子さん、じまんぐさん、Sound Horizon(一期、二期両方)、Suaraなど。
歌じゃないのなら地中海風というかラテン風、イタリア風とテクノっぽいのやカントリー音楽。ピアノ音楽も好き。

意見、感想、訂正、批判、罵倒などコメントお待ちしております。
あ、それから一応リンクフリーです。
Twitterはじめました。
http://twitter.com/mikemaneki
バーコード
ブログ内検索
カウンター
最近読んだ本
三毛招きの最近読んだ本
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー 『恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!』応援中! 風峰涼香 『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』2010年6月25日発売予定! 止マナイ雨ニ病ミナガラ くろまくみこ普及委員会